© ミライdeス All rights reserved.

yonezawa007

米沢駅2

鉄道模型(Nゲージ)の縮尺1/150で出力するため、米沢駅のモデルを30個程のパーツに分割しました。
組み立てやすいようにほぞを作ったり、壁の裏側から透明板を貼って窓ガラスの再現もできるようにしたり、色々と考慮してあります。

yonezawa008
屋根の瓦。

yonezawa010
屋根の飾り。

yonezawa009
駅名の看板。

鉄道模型の醍醐味はディテールへのこだわりにあります。
FDMの限界にチャレンジする、半分ダメモトのモデリング。

yonezawa011

やっぱ無理かな・・・などと一人ブツブツ言いながら出力とモデリングの修正を繰り返す訳ですが、こうした事が手軽にできる事が3Dプリンターの良いところ!
さて、どの程度再現できたか・・・結果は弊社ミュージアムの完成写真でご確認ください。
http://mirice.co.jp/museum/archives/319

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

IMG_1762

3Dプリンターで立体地図 前編

立体地図のデータを入手 国土地理院は、3月19日に"地理院地図3D-日本全国、3dプリンタで立体模型"を開設しました。おかげで、3Dプ…

yonezawa001

米沢駅

駅ファブで話題のJR米沢駅の駅舎をモデリングしています。 クラシックな三角屋根が印象的な米沢駅舎ですが、実は1993年に山形…

shapio_a

光造形3DプリンターShapio

3Dプリンターには、FDM(熱溶解積層式)、インクジェット式等、様々な種類がありますが、弊社販売の光造形3Dプリンター“Shapio”は、プ…

yukinogazou3

雪の結晶 モデリング

今回はSketchUpでモデリングしました。SketchUpは無料の3Dモデリングソフトウェアで、操作が非常に簡単です。マニュアルを読まなく…

西之島

3Dプリンターで立体地図 後編

塗装 海はクリヤーブルー樹脂で表現出来ました。あとは、西之島を活火山らしく塗装してみます。樹脂への乗りも良く、塗膜も強いプラモデル用の…

ページ上部へ戻る