米沢駅の3Dモデリング 縮尺1/150

鉄道模型(Nゲージ)の縮尺1/150で出力するため、米沢駅のモデルを30個程のパーツに分割しました。
組み立てやすいようにほぞを作ったり、壁の裏側から透明板を貼って窓ガラスの再現もできるようにしたり、色々と考慮してあります。

yonezawa008

屋根の瓦。

yonezawa010

屋根の飾り。

yonezawa009

駅名の看板。

yonezawa011

鉄道模型の醍醐味はディテールへのこだわりにあります。
FDMの限界にチャレンジする、半分ダメモトのモデリング。

やっぱ無理かな・・・などと一人ブツブツ言いながら出力とモデリングの修正を繰り返す訳ですが、こうした事が手軽にできる事が3Dプリンターの良いところ!
さて、どの程度再現できたか・・・結果は弊社ミュージアムの完成写真でご確認ください。

http://mirice.co.jp/archives/391

関連記事

  1. 極上のインド紅茶に応える商品パッケージを木製ケースで

  2. 雪の結晶の製作

  3. 【鉄と錆とPLA】Touch3DStylusを使ってみました!

  4. 身近なものを123Designでデザインしてみよう。ヒントは彼方此方に…

  5. MakerBot Europeに紹介されました。

  6. オリガミックス ウサギのモデリング

  7. 米沢駅の3Dモデリング

  8. 貴方のまちの地図をパズルにしませんか?

PAGE TOP