光造形3DプリンターShapio

shapio_a-581x1024

3Dプリンターには、FDM(熱溶解積層式)、インクジェット式等、様々な種類がありますが、弊社販売の光造形3Dプリンター“Shapio”は、プロジェクターから断面映像を光硬化樹脂(光を当てることで硬化する樹脂)に投影することで立体物を造形するプロジェクター方式の3Dプリンターです。

光源はレーザー&LEDのハイブリッド使用、最小積層ピッチは0.025㎜、最大造形サイズ100㎜×70㎜×150㎜、鋭利な突起状の造形が可能で、滑らかな表面仕上がりが特徴です。

造形手順

①データの作成
shapio_b-1024x621

先ずは3Dデータを作成、用意します。今回は、SketchUp(http://www.sketchup.com/ja)を使用してロボットをデザインしました。3Dプリンターで使用できるSTLファイルを出力します。stlファイルの読込み書き出しには、プラグインソフトConvert Sketchup SKP files to DXF or STLを使用しています。

②付属のソフトウェアでSTLファイルから断面データを作成します。

shapio_c-1024x621

3Dの立体物をCTスキャンのように輪切りにしたデータに変換することになります。また、付属ソフト上でデータの拡大縮小、サポート材の設置等、プリントに適したデータを編集できます。

shapio_d

今回は断面データを0.025㎜ピッチに、高さ約40㎜でプリントする設定なので、1542枚の断面データが作成されました。

③付属のソフトウェアから断面データを読み込み、造形を開始します。

shapio_e-1024x640

DSCN3837

断面データをプロジェクターが一層ごとに露光して樹脂を硬化していきます。これを何層も積層することで立体物を形成していきます。

④造形が終了しました。

DSCN3853-1024x768

DSCN3845

DSCN3849

直ぐにアルコールで表面を洗浄します。紫外線を当てることで完全硬化します。自然光でもOKですが、ブラックライト(波長400nm以上)を当てると直ぐに硬化できます。

⑤完成です。

光造形ならではの表面の滑らかさ、精細な造形が可能です。樹脂の色は、顔料や染料を加えて自由に作ることができます。また、アクリル樹脂の他にもゴムライク樹脂も使用できますので、モデリングの幅が広がります。

関連記事

  1. 世界基準の上司(中経出版) 発売

  2. Lunar New Year :A Collection by Mak…

  3. 上野国立科学博物館にて旧米沢工業高等学校3Dプリント模型展示

  4. 朧兜の紹介

  5. 雪の結晶の製作

  6. 檜原村in東京都

  7. 速さは全てを解決する—『ゼロ秒思考』の仕事術 発売

  8. 旧米沢工業高等学校本館

PAGE TOP